その他

『飛行機の揺れが怖い』症候群を治す方法

こんにちは、かわい です!

飛行機が揺れると、墜落するのではないかと思い、いつもビクビクしてしまう。  なんとか、この恐怖を克服したい。。。

飛行機の揺れが怖い、、、

この気持ちは、心底わかります。

なぜなら、僕のちょっと前までの悩みだったからです。笑

 

  • 飛行機の揺れに対する「恐怖」を克服する方法

 

厳密にいうと、今も大きく揺れると怖いです。笑

ただ、昔に比べ、

過剰に恐怖を感じることはなくなりました。

 

それは、自分なりに、

色々と揺れの恐怖を克服する方法を試してきたからです。

 

今回は、いくつか試した中で、

僕自身、効果のあった方法をご紹介します。

 

昔の僕のように、

過剰に怖がっている人のお役に立てますように。

揺れる恐怖を乗り換える方法

今回、ご紹介する「揺れの恐怖を克服する方法」は3つです。

僕自身が試して効果のあった方法なので、

「これはいいかも!!」

と、思うものがあれば、ぜひ、試してみて下さい!

対策① 飛行機のアプリ

早速、1つめの方法からお伝えします。

それは、

飛行機のアプリをとることです。

 

なぜなら、

それを見ることで、安心感を得ることが出来るからです。

 

そもそも、飛行機のアプリとは、

現在の飛行機がどこで、どのぐらい飛んでいるか?

が、わかるアプリのことです。

 

例えば、僕がインストールしているのは

「Flightradar24/フライトトラッカー」

というアプリです。

 

このアプリは、リアルタイムで、

かつ、世界中の飛行機が、

どこで・どれだけ飛んでいるかを確認することができます。

 

こんな感じです。

僕は、これを初めてみたとき、

「こんなに飛行機って飛んでるの!?」

と正直、かなり驚きました。

 

そして、

「こんなに世界中で飛んでる。しかも毎日、事故なく飛んでいる、、、飛行機は安全かも」

と、安心感が芽生えました。

 

もちろん、揺れるのは嫌です。笑

でも、この事実を知ってからは、

「揺れても落ちることはないな、、、」

と、思えるようになりました。

 

ちなみに、上記でご紹介したアプリ以外にも

いくつか種類があるようです。

 

飛行機に乗る時は、事前に上記のように写メをとっておいて

フライト中に大きく揺れたら、その写メを見てみて下さい。

安心感というお守り代わりになります!

対策② 羽は折れない

2つめの方法です。

それは、

羽が折れないことを確認する

ということです。

 

なぜかというと、

対策①と同じく、安心感を得ることが出来るからです。

 

あなたは、

「飛行機の羽が折れたらどうしよう?」

という、恐怖を感じたことはないでしょうか?

 

もしかすると、僕だけかもしれませんが。笑

 

僕は、この恐怖を

羽が折れないことを確認して乗り越えました。

 

では、どのように確認したのか?

 

それは、グーグル検索で、

「飛行機 羽 折れない」

と、検索して確認しました。笑

 

なんで今まで、検索して調べなかったのか?

その発想を思いつかなかった、自分が情けないです。笑

 

検索をして見るとわかりますが、

飛行機の羽は、かなりの角度まで曲がっても

折れない設計になっているようです。

 

「そんな角度まで曲がらないでしょ??」

 

というぐらいの角度まで曲げても

折れない設計になっているようです。

 

それを確認してからは、

安心して飛行機の羽を見ることが

出来るようになりました。

 

今までは、

羽が折れるのではないか?

と、思っていたので、直視することができませんでした。笑

 

僕と同じように、羽が折れるのではないか?

と、不安に感じている人は、

「飛行機 羽 折れない」

で、一度、検索してみて下さい!

対策③ 腹式呼吸

最後の3つめです。

それは、

腹式呼吸をすることです。

 

なぜなら、

恐怖感が軽減するからです。

 

なぜ、恐怖感が軽減するのか?

 

それは、腹式呼吸をすることで、

副交感神経が優位になるからです。

 

副交感神経が優位ということは、

リラックス状態を意味します。

 

飛行機が揺れて、恐怖を感じている時は、

交感神経が優位な状態です。

 

その状態から、腹式呼吸をすることによって、

副交感神経が優位になり、リラックス状態へと導いてくれます。

 

ちなみに、理由としては、

腹式呼吸をすると、

肺と、内臓を仕切っている横隔膜が上下に動きます。

 

その横隔膜が動くことによって、

頚椎から延髄に刺激が伝わり、

副交感神経が優位になるスイッチが入るからです。

 

さらに、吐く時間が長いほうが

副交感神経が優位になりやすいと言われています。

 

そして、機内で、この腹式呼吸をするときのポイントは、

背筋を伸ばし、座席の背もたれに寄りかからないことです。

 

なぜなら、揺れの体感を、最小限に抑えれるからです。

 

背もたれに寄りかかっているということは、

その分、飛行機と接している面積が大きいことを意味します。

 

すると、飛行機の揺れを

ダイレクトに受ける割合が高くなります。

 

でも、背もたれに寄りかからずにいると、

お尻の部分しか、飛行機と面していないことになります。

そのため、揺れの体感を減らすことができます。

まとめ

以上が、飛行機の揺れに対する「恐怖」を克服する方法でした。

まとめると、

  • 飛行機アプリで、めちゃめちゃ飛行機が飛んでいることを確認する
  • 飛行機の羽が、折れにくい構造になっていることを確認する
  • 背もたれに寄りかからず、腹式呼吸をして、リラックスする

という方法でした。

 

どれもお金をかけずに出来る方法なので、

参考になるものがあれば、ぜひ、試してみてください!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m