食事/栄養

お酒を飲み過ぎると、風邪を引きやすくなる理由

こんにちは、かわい です!

 

 なんだか最近、風邪を引きやすくなったな〜。睡眠はしっかりとるようにしているけど。。。休むと、仕事に影響が出るから困るな〜。

 

昔の自分と比べて、

体調不良が多くなってきた

風邪を引きやすくなった

と、感じる人もいると思います。

 

年齢のせいだから仕方ない

と、諦めているかもしれません。

 

確かに、年齢のせいもあると思います。

人間は、年々、年老いていくので、

そこに逆らうことは出来ません。

 

  • 風邪を予防する方法がわかる

 

出来ることなら、風邪を引きたくありません。

だから、体調管理をしっかりしましょう!

と、よく言われます。

 

でも、

「体調管理って、具体的にどうしたらいいの??」

って思いませんか?

 

実際、その方法は、たくさんあります。

そういう中で、今回は、食生活の分野で、

具体的に実践できる方法を、1つご紹介します。

食生活から風邪を予防する方法

結論

先に、風邪を予防出来る栄養素からお伝えします。

 

それは、亜鉛です。

この亜鉛が、体内にしっかりあれば、

風邪などを予防する1つの手段となります。

 

なぜなら、獲得免疫のT細胞の成長に、亜鉛が必要だからです。

※獲得免疫とは??

体内に再び侵入してきたウイルスなどに、対抗する免疫システムのことです。

例えば、

あなたがAという物件に住んでいます。

 

その物件は、3階建ての1階の部屋です。

アパートの入り口に、オートロックもありません。

部屋の鍵は1つだけで、内側からかける、ドアチェーンもありません。

窓には、柵もありません。

そんな物件なので、過去に3回も空き巣にあっています。

 

そんな状況なので、引っ越しをすることにしました。

不動産へ行くと、Bという物件を紹介されます。

 

その物件は、30階建ての25階の部屋です。

マンションの入り口は、顔認証システムのオートロックドアです。

そして、24時間、警備員さんが在中しています。

さらに、部屋に入るためには、顔認証と、カードキーが必要です。

 

こんなセキュリティが完璧な物件にも関わらず、

今と家賃が全く同じです。

 

その物件に引っ越しますか?

と聞かれたら、すぐに引っ越しますよね?笑

 

なぜなら、今までと家賃が同じにも関わらず、

セキュリティがしっかりしているからです。

そんな状況なので、空き巣被害にあう心配はいりません。

 

例えが、長くなりましたが、、、

 

要するに、Aというセキュリティがない物件から、

Bというセキュリティが完璧な物件に

引っ越すことができるのが、亜鉛です。

 

つまり、亜鉛をしっかり摂っていれば、

Bという物件のように、セキュリティ(免疫)が

しっかりした体になるということです。

より具体的に

もう少し詳しく、なぜ、亜鉛が免疫力を高めるのか知りたい。

という人向けに、具体的に書かれていた本があったので、引用します。

 

※たいして、詳しい理由を知りたくないという人は、読み飛ばして下さいm(_ _)m

 

亜鉛が欠乏すると、亜鉛は、胸腺ホルモン産生に関与する酵素の必須補酵素であるため 、T細胞がダウンします。

サイムリンの影響で、 Tリンパ球の減少と機能異常がみられ、 T細胞を介する抗体産生と血中免疫グロブリン低下をきたすのです。

また、亜鉛低下により、好中球あるいは、マクロファージの貪食能低下もみられます。樹状細胞における亜鉛の役割もいわれています。

引用元:マンガでわかる亜鉛の基礎と臨床

 

要は、

T細胞を一人前の免疫細胞にするために、必要なホルモンがあります。

そのホルモンを作るために、亜鉛が必要ということです。

 

そのほか、自然免疫を活性化させるためにも、亜鉛が必要ということです。

亜鉛を消費させるもの

亜鉛とお酒

では、亜鉛が欠乏してしまう原因はなにか?

その1つが、亜鉛を消費してしまう食べ物

とりすぎることです。

その消費してしまうものが、お酒です。

 

亜鉛酵素の中でも有名なアルコール脱水素酵素ですが、

亜鉛値が低くなると、分解能力が低下し、二日酔いや、電車の乗り過ごしなどが起きるようになる。

引用元:マンガでわかる亜鉛の基礎と臨床

 

アルコールは、

アルコール→アセトアルデヒド→水+二酸化炭素

と代謝され、無毒化されます。

そして、体外に排泄されていきます。

 

アルコール脱水素酵素は、アルコールが、

アセトアルデヒドへ、代謝されるときに使われる酵素の1つです。

だから、アルコールを大量に飲むと、

その分、亜鉛も消費されます。

 

その結果、身体が、亜鉛欠乏になり、

免疫が弱まり、体調不良を招く可能性が高くなります。

具体的な対策

では、亜鉛欠乏にならないためには、どうしたらいいのか?

その対策は3つです。

① 控える

対策の1つめです。

それは、お酒を控えることです。

なぜなら、先ほどお伝えしたように、

アルコールを分解するときに、亜鉛を消費するからです。

 

ただ、仕事終わりに、お酒を飲むことが人生の楽しみ!!

という人もいると思います。

そんな方には、お酒を控えるといっても、難しいかもしれません。。。

 

そんな人は、次にご紹介する対策をお勧めします。

② 食事

対策の2つめです。

それは、亜鉛を意識した食事をとることです。

消費してしまった分は、補うしかありません。

亜鉛の多い食材を、ざっとあげておきます。

  • 牡蠣
  • 牛肉
  • 卵黄
  • 煮干し
  • するめ

などなど、この辺りの食材を、毎日に食材に加えてみて下さい。

③ サプリメント

対策の3つめです。

それは、亜鉛のサプリメントをとることです。

亜鉛がかなり欠乏しているなら、

食事だけでは、補いきれない可能性があります。

 

その場合は、サプリメントで補うことも、1つの手段です。

ただ、自己判断で、亜鉛サプリは飲まない方がいいです。

なぜなら、

実際に亜鉛がどれぐらい足りていないか?

そもそも、本当に足りていないのか?

が、分らないからです。

 

じゃあ、亜鉛欠乏かどうかって、

どうしたらわかるの?って思いますよね。

それは、血液検査で、ある程度わかります。

 

そこで、実際の値をみて、医師との相談のもと、

サプリメントをとるかどうか決めた方がいいです。

 

そして、出来れば、栄養療法をおこなっている医師を探して、

その先生から、アドバイスをもらうことをお勧めします。

まとめ

以上が、風邪などの体調不良を予防する方法でした。

まとめると、

亜鉛を消費するお酒を控える。

もしくは、その消費を上回るぐらいの亜鉛をとる。

ということでした。

亜鉛は、体の中で、

300種類以上の酵素反応に関わっている大切な栄養素です。

 

亜鉛の体内での役割は、免疫以外にも、まだまだあります。

その辺りは、今後のブログで、ご紹介していきます!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m