その他

すでに2回体験済み【小学生でもできる】夢を叶える方法

こんにちは、かわい です!

しっかり自己分析して、叶えたい夢は決まった!!  でも、どうやって、その夢を叶えたらいいんだろう。。。

今回は、このお悩みにお答えします。

  • 夢を叶える方法がわかる

僕は、これからお伝えする方法で、

過去2回やりたいことを、実現してきました。

すでに、実証済みの方法です。

 

ただ、注意点としては、必ず夢が叶う方法ではありません。

この方法で、叶わないこともあるでしょう。

でも、夢が叶う確率は上がります。

 

読み終わったあと、

「さっそく試してみよう!!」

そんな手軽に、始めることができる内容です。

僕の実体験と合わせて、まとめました。

夢を叶える方法

くちに出すこと

結論からお伝えします。

夢を叶える方法

それは、口にだすことです。

なぜなら、あなたが、なにを求めているか、

周りの人が理解するからです。

 

たとえば、ある男性が、カレー屋さんに入ったとします。

 

店員
店員
 ご注文はお決まりでしょうか?
男性
男性
 あれ下さい。
店員
店員
 あれっていうのは、、、

 

こんな感じだと、

店員さんが困ってしまいますよね。笑

 

「あれ」

ではなく、

「シーフードカレー下さい!」

と、注文してあげれば、

店員さんは、そのカレーをもって来てくれます。

 

つまり、なにが言いたいかというと

夢を口に出すことで、周りがあなたの夢を理解し、

協力者が現れるということです。

 

だから、あなたのやりたい事を、

発信することが、とっても大事です。

自分の体験談

では、この方法で、僕がどのように夢を実現してきたのか?

具体的にお話しします。

 

過去2回体験しているのですが、

アパレル時代のことを中心にお伝えします。

アパレル時代

学生のころから、すでに、働きたいアパレルの会社は、決まっていました。

だから、地元で、アルバイト採用の募集記事を発見すると、

即応募していました。

合計3回、応募しましたが、

書類審査で2回落ち、

1回だけ、面接までたどり着きましたが、落ちてしまいました。

 

そして、新卒採用も受けました。

でも、2次面接まではいきましたが、結果、不採用でした。

 

それでも、あきらめることは出来なかったので、

ほかの会社で経験を積んで、改めてチャレンジしよう!と思いました。

 

大学卒業後、東京で他社のアパレル会社の販売員として、働き始めました。

 

そのとき、1人、とてもよくして頂いた先輩がいました。

年齢は、ふた回りも離れていましたが、

仕事で分からないことを、親身になって教えてくれました。

 

その先輩と話しているとき、ぽろっと、

「実は、この会社ではなく、本当は違う会社で働きたいんです。」

と話したことがありました。

どうして働きたいのか?

どういう想いなのか?

すべて話しました。

その時も親身になって聞いてくれました。

 

数日経ってから、その先輩に

「知り合いに、元その会社で、店長として働いていた人がいるけど会ってみる?」

「もうやめてるけど、どんな会社かどうかは、分かるんじゃない?」

そう言われました。

 

そんな話を聞けるチャンスはないと思い、その先輩にお願いしました。

そして、その先輩のご紹介で、会うことになりました。

その方にも、同じように、その会社に入りたい想いを伝えました。

すると、

「まだ当時の同期が人事として、その会社に働いているから、聞いてみるよ!」

そう言われました。

「こんな展開ある?!」

と、自分でも驚きでした!笑

 

その後、話がどんどん進み、実際に面接することになりました。

その人事の方と、全国のお店を統括しているマネージャーの方との面接です。

 

その後、配属される予定の店長と面接し、

見事、入社が決まりました!!

 

そして、学生時代から、憧れていたアパレルの会社で

働き始めることになりました。

ターニングポイント

そんな経験をしています。

この結果をもたらした、きっかけはどこか?

それは、先輩に、自分の夢を話したときです。

 

あのときに話していなかったら、

どうなっていたか、、、

 

その先輩に感謝しかありません。

ちなみに、もう一つ叶えた夢は、

アンチエイジング企業の代理店として、働き始めたときでした。

そのときも、なにげなく友人に、

「雇われじゃなく、独立して仕事をしたい!」

と夢を語った結果、その友人に、ある方を紹介してもらいました。

その結果、独立への一歩がスタートしました。

まとめ

以上が、僕が体験した、夢を叶える方法です。

まとめると、

  • とにかく、自分の夢を発信する

ということです。

 

あなたも、ぜひ、恥ずかしがらずに、

自分のやりたいことを、どんどん話しましょう。

 

今の時代は、SNSがあります。

情報を発信する方法は、たくさんあります。

 

まずは、気の合う友人に、ちょっと話してみる

そんなことから、始めてみて下さい!

読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m