人間関係

「これから初対面の人と会うけど、緊張するな〜。このドキドキをなんとかしたい…」を解決する方法

こんにちは、かわい です!

新しい職場の人は、どんな人たちかな。  それに同期の人もどんな人なのかな。 会う前から緊張して寝れない。。。

初めての環境に行くとき、誰でも緊張すると思います。

どんな人たちがいるのか、分からないので、

緊張というより、怖いという感覚を

持っている人もいるかもしれません。

 

  • 初対面の緊張を和らげる方法がわかる

 

僕も、初対面だと緊張します。

初対面の人と話すことが、事前に分かっていると、

会う前からすでに緊張してしまいます。

 

そんなとき、これからご紹介する方法を

行うようにしています。

 

先にお伝えしておきますが、

緊張がなくなるわけではありません。

 

でも、少しは、事前のドキドキ感が和らぎます。

それは、どんな方法なのか?

まとめました。

初対面の緊張を減らす方法

結論

さっそく、結論から言います。

初対面の緊張を減らす方法

それは、

 

「この人も自分と同じ」

 

と、心の中で言う。

もしくは、口に出すということです。

 

なぜなら、安心感が芽生えるからです。

 

それはどういうことか?

 

たとえば、お化け屋敷に入るとします。

もし、事前に、最初にこの音が鳴って、

この道を左に曲がったら、ゾンビが出てきて、、、

 

というように、どこで、何が、どうやって出てくるのかが

100%わかっていたら、怖くないですよね?

 

わかっていても、怖いという人も、いるかもしれませんが。笑

 

でも、まったく知らない状況よりは、怖さは軽減するはずです。

 

これと同じようなことが、人間関係でも言えます。

 

初対面の人というのは、まったく知らない人です。

 

お化け屋敷でいうと、

どんなお化けが出て来るか、分からない状態です。

 

でも、どんなお化けが出て来るか、

理解していると怖くないように、

事前にどんな人なのか分かっていれば、

まったく知らない人よりは、緊張感が薄れます。

 

でも、事前にどんな人かなんて、

分からない時もありますよね?

 

そんな時に有効なのが、

「この人も自分と同じ」というフレーズです。

具体例

人間は、本能的に、安心や安全を求めます。

それは、生きていく上で、必要だからです。

 

知らない相手は、害のある人か、安心出来る人か、わかりません。

つまり、安心・安全はまだ、確保されていない状態です。

では、それを確保するためには、どうしたらいいのか?

 

その1つが、共通点を見つけることです。

 

同い年だと分かったとき、

地元が一緒だとわかったとき、

など、自分と共通する部分が見つかると、

相手との距離が縮みます。

 

これは、どういう仕組みかというと、

共通点がある自分と同じような経験をしてるよく理解できる安心する

ということです。

 

では、話を戻します。

 

「この人は自分と同じ」というフレーズを言うことによって、

こころの中で、相手との共通点が芽生えます。

 

共通点が芽生えると、

先ほどご紹介した仕組みのように、安心感が出てきます。

 

例えば、「この人は、自分と同じように緊張している」

と、こころの中で唱えれば、

緊張している気持ちが共通点となります。

 

でも、そんなことで、緊張が和らぐのって思いますよね?

参考文献

今回の内容は、そもそも、何を参考にしたかというと、

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

 

という本です。

 

この本は、Google社で取り入れられている、

マインドフルネス瞑想をベースにした

能力開発プログラムの内容が書かれています。

 

その本の中で、このように書かれてあります。

 

類似点を見出して、優しさを差し伸べるためには、二つの別個の練習がある。

一つ目は「私とまったく同じ」の練習で、他の人々がどれほど自分に似ているかを思い起こして、それによって平等という心の習慣を生み出す。

二つ目は、「愛情に満ちた優しさの瞑想」で、他人の幸せを願い、それによって優しさという心の習慣を生み出す。

引用元:サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

 

そして、実際には、以下のような言葉を呟きます。

 

この人は私とまったく同じで、体と心を持っている。

この人は私とまったく同じで、気持ちや情動、考えを持っている。

この人は私とまったく同じで、これまでの人生で、悲しかったり、がっかりしたり、怒ったり、傷ついたり、うろたえたりしたことがある。

この人は私とまったく同じで、これまでの人生で、身体的な痛みや苦しみも、衝動的な痛みや苦しみも経験してきた。

etc…

この人が、痛みや苦しみから解放されますように。

この人が、幸せになりますように。

etc…

引用元:サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

 

この本によると、実際に、この内容をつぶやいている間、

どう感じたか参加者に聞くと、いちばん多かったのは、

「幸せだった」という答えだったそうです。

 

こういった内容をアレンジして、僕は、初対面の人と会う前に、

「これから会う人は、自分と同じように緊張している」

と、つぶやくようにしています。

 

正直、こういった言葉をつぶやこうが、緊張はします。笑

 

でも、実際に言葉にしてみると、僕の場合、

言わなかった時よりも、言ったほうが、

落ち着いた気持ちになります。

まとめ

以上が、初対面の緊張が和らぐ方法でした。

まとめると、

「この人は、自分と同じように○○している」と言うことで、

こころの中で、相手との共通点が芽生え、緊張感が和らぐ

と言うことでした。

 

○○は、その時の状況や、

自分が思っていることを当てはめます。

 

参考になった人は、ぜひ、実践してみて下さい!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m