その他

人前で【あがらずに話せるようになりたい!】と思ってる方へ

こんにちは、かわい です!

いよいよ、来週プレゼンか、、、  人前に出るのが嫌だから、今まで避けてきたけど、今回はどうしようもないよな〜。  今から緊張して、夜も寝れない。。。  人前で、あがらずに話せるようになりたいな〜

 

今回は、こんな悩みにお答えします。

 

  • 人前で、あがらずに話せるようになる“コツ”がわかる

 

僕は、子どもの頃から人前に出ることが苦手でした。

とくに、嫌で嫌で仕方なかったことは、

小学生・中学生のときにあった歌のテストです。

ひとりで歌わせるわけです。

よく歌ったなと、自分を褒めてあげたいです。。。

 

そんな状態なので、大人になっても、

人前に出ると緊張してしまうことは、変わりませんでした。

 

でも、克服しました。

正直、まだちょっと緊張する場面もあります。

ですが、昔の自分と比べると、はるかに緊張しなくなりました。

 

今回の内容は、昔の自分のように、

「人前に出るとあがってしまう、、、でも、なんとかしたい!!」

そう思っている人のお役に立てる内容です。

 

ただし、ご紹介する内容は、

即効性のあるものではありません。

やることやった結果、

緊張が薄れていくという方法です。

 

すぐに、簡単に、という方法を探している方には、

お役に立てないので、ご了承ください。

あがり症を克服するためにやったこと

その1 事前準備

まず、僕がやっていたのは、

話すことを、一言一句かきだすということです。

紙に書いてもいいと思いますが、

この言い回しの方がいいなと、思ったときに、

消すのが面倒なので、パソコンやスマホの方がいいと思います。

 

なぜ書き出すのかというと、暗記をするためです。

詳細は、後ほど書きます。

 

話す内容を、全て文字におこすという作業。

人前で話し慣れている人は、やっていないです。

キーワードだけ書き出して、

それをもとに話すということをしています。

 

たまに、それすらも見ていない人もいます。

でも、それは経験を積んでから、出来ることです。

最初からは、レベルが高すぎます。

料理をしたことがない人に、

手作りで、幕内弁当を作らせるようなものです。

その2 音読→練習

音読

全て文字におこしたらどうするか?

あとは、それをもとに音読します。

 

理由は2つです。

まず1つは、声に出すことで、

この言い回しは、やめたほうがいいかな?

この表現は分かりにくいかな?

というような、修正点が見つかるからです。

 

2つめは、暗記するためです。

なぜ暗記するかというと、余裕が生まれるからです。

話すことが頭に入った状態だと、

「話す内容は頭に入っているから大丈夫!!」

という自信が生まれます。

 

ちなみに、どれぐらいまで暗記するかというと、

僕の基準ですが、部屋の掃除をしながら、話せるぐらいです。

つまり、何かをしながらでも、話せるレベルです。

練習

ある程度、暗記できたら、あとは、ひたすら練習です。

さきほども、お伝えしたように、

何かをしながら、話せるぐらいが理想です。

体で覚えさせるような感じです。

 

ここまでくれば、本番に向けて、

相当な安心感が生まれます。

「これを話せば大丈夫!!」

「こんなに練習したから大丈夫!!」

というような自信が生まれます。

 

この自信と安心は、

本番に向けての強力なお守りになります。

その3 下見する

もし、出来ればでいいのですが、

実際に話す会場など、事前に下見することも効果的です。

 

さらにいうと、その場所で、

話す練習ができれば、なお効果的です。

なぜなら、初めての場所で緊張する。

という、余計な緊張をせずに済むからです。

その4 反省する

本番が終わってからも、大事なことがあります。

それは、しっかりと振り返ることです。

 

そして、その時のコツは、

出来たことを中心に、振り返るということです。

 

なぜかというと、次に話す時の自信になるからです。

 

はじめの頃は、出来なさすぎて

反省点・改善点しか出てこないと思います。

 

そうなると、やっぱり自分なんて、、、

とネガティブになりがちです。

だから、それをさけるためにも、

出来たことをベースに、振り返りをしてほしいです。

 

ほんのちょっとしたことでもいいんです。

 

たとえば、

大きな声で話せたな!

とか、

前より緊張しなくなったかも!

など、ほんの些細なことでもオッケーです!

 

出来た自分を認め、自信をつけて欲しいんです。

そのためにも、出来たことを書き出しましょう!

まとめ

以上が、僕がおこなってきた、

人前で上がらずに話せるようになるコツです。

まとめると、

  • 話す内容を書き出す
  • それを暗記して、練習する
  • 本番後、出来たことをベースに振り返る

ということでした。

この流れの繰り返しが大事です。

 

当たり前すぎますか?

 

僕は、物事を上達させるためには、

少しずつの積み重ねしかないと思っています。

 

飛び級はありません。楽な方法もありません。

だから、「継続は力なり」という言葉があるのだと思います。

 

今回の内容は、僕の体験談です。

もし、参考になるなと思って頂けたら、

実践してみて下さい!!

読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m